渡辺主任

入社10年目 / 伊勢佐木営業所

おなじ1日は1度もない10年間

内勤として働き始めて10年以上になりました。

前職はソープ嬢だったので、広い意味での業界歴でいうと20年以上になるかもしれません。

内勤になったきっかけは友人が内勤で働いていて、誘われたので入社しました。

当時はざっくり仕事をしているイメージでしたが、実際働いてみると事務職なんだなと思います。

しっかりしたルールや、業務のフローも確立されてるので、作業自体はかなり事務作業に近いですね。

お客様との距離

受付をする社員とお客さんとの距離はさまざまで、利用回数が増えるたびに距離が近くなって雑談する人もいれば、何百回利用して頂いても、必要以上のことは話さない人もいます。

お客さんとは声でのやりとりだけですが、会ったことあるようなきもちで対応します。

わたしは、キャラクターを演じて受付することもあります。

受付自体は聞くことが決まっていていつも同じ作業になりがちなので、心のコスプレで毎日の仕事を楽しもうと(笑)

逆に苦手なのは写真を撮ることでしたね。

写真はお店や女の子を選ぶ最初の入り口で、責任がある仕事ですから「(電話が)鳴らなかったらどうしよう」って今でも思います。プレッシャーのある仕事だなと思います。

この仕事で「女性だからできない」ということがほとんどないです。

女性でいるメリットは、女性ならではの体調や年齢のゆらぎについて女性に共感できる点です。

逆に、お客様には共感しにくいところがあるんですが「私に案内してほしい」というお客様もいらっしゃるので、うれしいです。

お客様と女性のマッチング

仕事なので、もちろん成約をすることも大切ですが、お客様もいろいろな人がいらっしゃるので、無理には成約しません。

もちろんオススメできる女性がいればご案内しますが、お客様のご希望と合うかどうかを吟味します。

お客様の希望に合わない女の子を案内して、トラブルやクレームになることは避ける。

クレームもヒントだと受け入れて、自分だけでなくお店を信頼していただくことを優先していますね。

結果的にはそちらの方が売り上げにつながりますから。

10年以上働いていますが、同じ日は1日もありません

毎日変化があって楽しいです。

思い通りにならないことも多くてもどかしくなることもあります。

お客様にも女性にも気を付けてるのは「お店のカラー」にはまるかどうか。

長年働いていると自然とそのカンが冴えてきます。

受付では女性とお客さんのマッチングを意識しています。

わたしはもともと会話や人が大好き!という性格ではないのですが、この仕事や受付は楽しいです。

いろんなお店があるんですけど、私は少し変わってるこのお店のことがすごく好きなんですよね(笑)

職業病

仕事について、子供にはあえて話すことはしませんが、夫は理解していますし、妹も同じ仕事をしていたので、仕事の話をする相手もいます。

ただ、美容室とか動物病院とかオープンな場所で仕事を聞かれると、ちょっとごまかしちゃいますね。

「人材派遣の派遣する方です」って言ってます(笑)

お休みの日は絶対お店のホームページを見ないようにしてます。

前までは気になって見てたんですけど、お風呂に入ってても、ドライブしてても、エロいこと考えちゃうんですよ!(笑)

海行って「貝焼き」って見ると「コメント作らなきゃ!」って思ってしまったことがあります。

……職業病なんですかね(笑)